聴力を助けてくれる機械|めまいの症状|改善策を知って健康を守れ!
看護師

めまいの症状|改善策を知って健康を守れ!

聴力を助けてくれる機械

メンズ

仕組み

補聴器は簡単に言えば「耳がよく聴こえるように補佐してくれるもの」ですが、具体的にどのような原理で聴力に貢献しているのか覚えておいてもいいでしょう。まず、補聴器には重要な3つのパーツが埋め込まれており、それぞれ「マイクロホン」「アンプ」「スピーカー」と言います。マイクロホンは外からの音を集め、電気信号に換えてアンプへ伝える役割を持つ機械です。アンプは最も重要な機械で、マイクロホンから送られてきた電気信号を増幅するのが仕事です。この時ただ音を大きくするだけではなく、入ってきた音の方向や音の高さなどを考慮して自動で適切な音量に調整します。また高性能なものになると、雑音を小さくし会話している相手の声を大きくするなど、より高度な変換が行われます。最後にスピーカーですが、これはアンプが調整した電気信号を再び音に戻して鼓膜に届ける機能を有しています。

聴力検査の必要性

このように高度な技術で作られた補聴器ですが、まだまだ広く愛用されているとは言い難い状態です。それはお年寄りが使用するものであるといった固定観念から使用を渋る人が多いことが主な理由ですが、問題なのはあまり浸透していないために正しい補聴器の選び方が知られていないことです。言うなれば補聴器は眼鏡と同じもので、きちんと病院で現段階の聴力を測定して選ぶ必要があります。人間には、聞き取り辛い音の種類やどのくらいの音量をうるさいと感じるかなど、各々に個性があるのです。また、耳の形状によっても装着しやすい補聴器が分かれてきますので、きちんと調べてもらった上で購入することが大切です。こういったことは眼鏡を購入するときは当然のように行っている方が多いのですが、補聴器においても広く知られるべきことでしょう。