医者

めまいの症状|改善策を知って健康を守れ!

購入しなくても使える

男性

耳の聞こえが悪くなった際には、耳の聞こえの具合に合わせて商品を変えられるレンタルも使えないか検討することが大切です。そして、補聴器やそのレンタルを利用するだけでなく耳鼻科等の病院を受診すると、聞こえなくなった原因が病気だった場合はその早期治療が出来ます。

もっと詳しく

聴力を助けてくれる機械

メンズ

補聴器は、マイクロホン、アンプ、スピーカーといった高性能機器によって構成されています。それらの性能を最大に引き出すために必要なことは、病院で事前に聴力を検査しておくことです。人間の聴力は人によって様々な個性を持つので、どの補聴器が一番かは一概には言えないのです。

もっと詳しく

内科で耳鼻科の診療

女医

風邪のような症状を起こした時に、多くの方が耳鼻咽喉科が良いのか、内科を受診したら良いのかを悩むようです。症状は変化する場合が多く、その変化に対応して診療可能なクリニックを見つけておくと良さそうです。耳鼻咽喉科と内科診療があわせてしてもらえる新宿にあるクリニックはおすすめです。

もっと詳しく

日常的に経験する症状

女の人

軽い症状でも耳鼻科へ

めまいは誰もが日常的に経験する症状の1つですが、体の平衡感覚がとりにくくなることによって起こります。私たちの体は眼、耳、手、足などからの情報を脳が受け取り、体の各部へバランスをとるように指令を下し平衡感覚を保っています。この1連の機能のどこかに異常が起こるとめまいを感じるのです。めまいは大きく分けて、ぐるぐると回るように感じる回転性めまいと、ふわふわ又はぐらぐらする非回転性めまいの2タイプがあります。また、立ち上がる時などに一瞬目の前が真っ暗になる立ちくらみもめまいの1種です。軽いものでも重大な病気が潜んでいる場合があります。1度は耳鼻科や脳神経外科などを受診して原因を調べるようにしたいものです。

まずは安静が大切

めまいの原因として最も多いのは、平衡感覚を司る内耳の異常です。一般的には内耳の異常、ふわふわする浮動性めまいや、ぐらぐらする動揺性めまいは、両側の内耳又は脳の障害が原因であることが多いです。一方立ちくらみは耳や脳に異常があることは少なく、貧血や過労、自律神経の乱れなどから起こることが多いようです。いずれの場合もめまいが起こった時は、楽な姿勢で動き回らずに治まるまで安静にしていることが大切です。身体を締め付けている下着やベルトなどは緩めるか取り外します。吐き気や嘔吐が酷い時は鎮静薬や制嘔吐薬を、吐き気がない場合は鎮暈薬や精神安定剤を服用します。症状がひどい場合には早めに病院へ行き診てもらいましょう。